ぷろぐ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ぴたごらすいっち
彼女と喧嘩した次の日、彼女が買ってきたピタゴラスイッチの本を読みました。

2巻目のあとがきがすごく良かった。

自由に想像することは楽しいけれど、それは本物じゃないんだということ。
現実には、ビーだまひとつ、想い通りには転がってくれないんだということ。

著者が言いたいことを僕がちゃんと理解したかどうかはわからないけれど。

思ってるだけじゃ、それを話しただけじゃ、人には伝わらない。
想ってるだけじゃ現実にはならないから。
やってみて、実現できなくて、試行錯誤を繰り返して、やっと形になって。
それで初めて、人に伝わる。

そういうことですか。大変です。
もちろん、話すことは、人に伝える大切な手段です。
ひとりで考えるよりも、話したほうがいい。

でも、根拠がなければ人を動かすことはできない。

その根拠は、肩書きだったり、カリスマだったり、
ハッタリだったり。
人となりだったり、努力だったり、
スキンシップだったり、共感だったりする。

仲間と共感して、スキンシップして、努力して、尊敬しあって。
そんで、仲間と一緒に何かを現実にして。

みんなを感動させられたら。
いいよね。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント
” ぴたごらす いっち ”をセレクトって、彼女らしいなぁ…と。
あと、、” 喧嘩した ”ってなんだか新鮮でほほえましかった。

PS・PSPで塊魂をするとものすごく気持悪くなって吐きそうになる。アレ、TV画面でもそう?
【2007/04/26 19:08】 URL | sawa #- [ 編集]

コメントありがとー。

DVD付の本なんですが、本がよいです。
NHKらしく、かわいげのない淡々としたところが。

ちなみに、喧嘩は新鮮どころか毎週ですよ。


PSP、塊魂にかぎらず、三次元のゲームは人によって酔っちゃうことがあります。テレビでも。小学生のころ、スーパーファミコンのマリオカートで気持ち悪くなっていた人がいました。
【2007/05/12 13:54】 URL | ぷん #- [ 編集]

承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
【2012/05/11 02:28】 | # [ 編集]

承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
【2013/02/02 15:47】 | # [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://pun.blog10.fc2.com/tb.php/31-5a064ce9



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。