ぷろぐ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ヒゲとボイン
タイトルはあんまり関係ないです。殴り書きます。

社会人一年目もあと一ヶ月で終わりというところまで来ました。

社会に出てみると、やっぱり学生時代にはわからないものが
ほんの少しずつだけど、見えてきてるような気がする。

僕は根っからの理系で、タイプで言えば技術バカの部類だ。
たいそうな技術を持ち合わせているわけでもないけれども。
子供のころからエンジニアに憧れて、そういうものを目指して
生きてきた。だから、社会のニーズが開発からSEに変化して
来ているこの時代に、バリバリの開発職に就けたことは
本当に幸運だと思う(いや、幸運なのか?)。

一方で、求められているのは技術だけではないこともよくわかる。
人脈作りに一生懸命な同期を観ていると、まだまだ成長しなければ
ならない部分がたくさんあることがわかる。
人脈作りだけに一生懸命な人間に関わって、ぶーぶー言っている人も
いた。なんだかやるせない。

今、僕が本当に目指したいのは、寡黙だけど言うべきことは言い、
お人よしだけど頼りがいがある、そんな上司。
ユーモアのある話術で会議の雰囲気を盛り上げる上司ではなく、
笑いはそこそこに的確な指摘と進行で適度な緊張感を作りながら
議題を進める、そんな上司。

でも、上に立つためには外に向けた顔が必要だ。よくわかる。
いくら内部で人望が厚くても、外との調整ができないんじゃ
上には立てない。

仕様書の書き方はわかってきた。仕事の進め方もわかってきた。
これからはもっと効率の良い仕事ができるはずだ。
仕事に余裕ができたら、その余裕を外に向けなきゃならない。
外向きの能力は学生時代に「遊び」を怠った僕には圧倒的に
足りない。遊ぶことが大切だとは思っていなかった。

いや、実際には僕は、あまり自分が上に立つことは望んではいない。
技術で一番がとれるならそれは願っても無いことだ。
組織の一番なんて何の魅力も感じない。本当は。

でも世間体もある。技術なんてその筋から外れた多くの人には
どうでもいいことだ。何の魅力にもならない。
自分がなりたいものを目指す、そんな子供みたいなことは
もうできなくなってしまった。

悲しいけど、仕方ない。甘いことは言ってられない。
興味の無いことも積極的に吸収しないと。
気がつけばずいぶん歳をとった。吸収力もどんどん落ちていく
だろう。もっと勉強しなくちゃ。

遊ぶ時間を作ろう。
スポンサーサイト


この記事に対するコメント
なんかすごいね。さすが一流企業だね。
でも、ぷんさんなら大丈夫だと思うよ。


同期とは言っても、行き方も働き方も違うから、すでに立っている位置が違う。同期や周囲を正確に知り、自分の位置を知ることは大事。
でも、目標は自分で決める。自分の目指す目標に向かって進んでいけばいい。
ぷんさんは、それが出来てるね。
もう1年の反省と次年次の目標が出来てる。
考えただけじゃ忘れちゃうから、手帳に書いておくといいよ。

ぷんさんが理想とする上司は私も理想。

自分がなりたいものを目指す、
それでいいんじゃない?
子供とか大人とか関係ないよ。
自分の仕事の中で、自分の生活の中で、
なりたいものになっていくと思う。

わからないうちは
遊びも、仕事も、いろいろやってみたら
そのうち見えてくるかも。

まだまだ若いんだから!
記憶力もそう簡単には衰えませんって!
【2006/03/03 08:28】 URL | sawa #- [ 編集]

社会経験が皆無に等しい若輩者の空論ですが・・・

やはり組織が大きくなればなるほど,いわゆる政治的手腕が必要な場合が多くなるものだろうかと思考を巡らせました.

やはり,社会的地位の高みに登りつめようとする野心旺盛な人はその野心の強さゆえに大組織に入ろうとするのかもしれないと考えたからです.そういう人たちにとってはできる限り大きな,できるだけネームバリューの高い組織の頂こそが価値あるものに写ると思います.また,往々にして,組織の特徴は属する人間の特徴に左右されるものだと思うのです.ぷんさんの職場には技術よりコネ作りを重視する人間の割合が多いため,確率論的にそういうヒトを目にする機会が多いのでしょうか?

しかし,もっと巨視的な視点で見ると,人脈形成に奔走したり,政治的手腕の体得に血眼になることだけが仕事道だとは思えません.あくまでも組織の構成員の性質がもたらすローカルな特徴だと思いたいです.だから,技術の世界の一等賞を目指そうという志向性が間違っているとは思えません.

キャリアというのは轍,その人自身の軌跡を意味するものだと就職活動中に耳にしました.だから,ある人にとってはついた役職の変遷がキャリアとなるし,ある人にとっては習得技術のリストがキャリアとなるのではないでしょうか.優劣の問題ではないと思います.


中身空っぽの理想論と精神論と一般論を書き連ねてしまいました.
別に何が正しくて何が悪いということを述べているわけではありません.

なんだかよくわかりませんね.
えらそうにすいませんでした.
早く中身の伴った意見を言えるようになりたいです.
【2006/03/04 03:08】 URL | ari #- [ 編集]

コメントありがとうございます。

うーんよみかえすとなんだか重苦しいエントリを書いちゃってますね。

なりたいものは何だろう、それは目指すべきものなのか?
とりあえずお二人のコメントを読ませていただく限り、
僕が目指すべきものについてはご賛同いただけているようで、心強いです。

目指すべきものに必要なのは技術だけではなさそうです。
適宜目標修正しながら、精進させていただきます。

・・・・・・
今、
「お二人は目指すものがありますか?お互い頑張りましょう」
なんて社交辞令を書こうとして、ちょっと気づいてしまったんですが・・・
頑張りすぎは良くありませんね。友人に血眼になって頑張って欲しいとは
あまり思いませんもんね。

頑張りすぎず、適度にまったりと、精進しましょう。お互いに。
【2006/03/11 14:00】 URL | ぷん #- [ 編集]

硬くおもぐるしい話しだから、”書き言葉”が言いと思うよ。
面と向かった議論もいいけど、エネルギーがいるから。

それに、
”まじめに考えてること”を自分の外に出したい事ってあるから。
そんな時、
PCメールやブログってあってると思う。
文字を厳選すれば相手に伝わるし、形に残るし。
話し言葉は、
実は、意外に、話すタイミングを選ばしてもらえないから、
話したい時に話せない事の方が多い。

えーっと、
だから、
要するに、どーんとまじめで思い話でもOKってことです。
【2006/03/15 10:46】 URL | sawa #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://pun.blog10.fc2.com/tb.php/24-7d3d4e7e



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。