ぷろぐ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


相手が見えないということ
深く影響を受けるべきなのは身近な人であるべき。
ここでこんな意見をいただきました。その通りだと思います。

尊敬できるこの人は、こんな考え方をしているのか。
あまり好きではないあの人はこういう意見か。
その意見がどんな人格から生まれているのかという情報は、意見の良し悪しを判断するための材料になると思うんです。若いうちは特に。


このことは、ウェブに限らず、マンガ、小説、社説、歴史上の人物、有名人、そんなものにも当てはまると思います。

ある小説の人望の厚い主人公はこんな考え方だ。でもそれはフィクションであって、本当にその考え方が人望を集めるのかはわからない。
毎日のように経済界を賑わせ、お金持ちで幸せそうなあの社長はこんな考え方だ。でも彼がどんな人生を送っているのか、実際に見たわけではない。


そういうわけで、身近にいる尊敬できる幸せな人をみながら育つのが、一番なんじゃないかと。いろんな考え方を取り入れるのは、判断力がついた大人になってからでも遅くないよね。



でも、素晴らしい本は素晴らしい人格を作るだろうとも思いますし、この本は読め!この本は読んじゃだめ!なんていう風な育て方が正しいのかと考えると、そうじゃないような・・・。

こうして、今日もまた、僕の思考は結論を導くことができないのでした。

スポンサーサイト


この記事に対するコメント
自分がしたいようにするのが一番いいね。
本も、生き方も、自分で選んでいく。
どの選択にも、上も下も、しっぱいも無いんだけどね。
自分の選択を他人に任せては駄目だよ。

価値観も自分で作っていかなきゃ。
高校生とか見てて、外見的に、みんながみんなおんなじファッションを
本当に欲してるのか?と思う。
みんなに合わせているうちに、自分のきもちを見失うと、しんどくなっちゃう。
だから、
ずいぶん自由を謳歌してるこのごろの若者が、精神はしんどそうで。

他人に影響受けることと、選択を任せちゃうことはちがうよね。
影響は受けていくもので、それが人とのかかわりなんだけど…。

おぅ。
答えがでません。
失礼しました。
【2005/08/01 23:54】 URL | sawa #- [ 編集]

うーん、自分で選ぶ、かぁ。

おっさんになってしまった今となっては、自分で選ぶことができると思うんだけど。
小学生のころから、例えばダンサーインザダークとか、セブンとか、ああいうタイプのものばっかり観て育っちゃったら、進んでよいことをしよう、コツコツ努力しよう、っていう大人にはならないのかな、と。

でも、それも杞憂な気がします。
【2005/08/17 05:13】 URL | ぷん #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://pun.blog10.fc2.com/tb.php/11-809025db



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。