ぷろぐ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ぴたごらすいっち
彼女と喧嘩した次の日、彼女が買ってきたピタゴラスイッチの本を読みました。

2巻目のあとがきがすごく良かった。

自由に想像することは楽しいけれど、それは本物じゃないんだということ。
現実には、ビーだまひとつ、想い通りには転がってくれないんだということ。

著者が言いたいことを僕がちゃんと理解したかどうかはわからないけれど。

思ってるだけじゃ、それを話しただけじゃ、人には伝わらない。
想ってるだけじゃ現実にはならないから。
やってみて、実現できなくて、試行錯誤を繰り返して、やっと形になって。
それで初めて、人に伝わる。

そういうことですか。大変です。
[続きを読む]
スポンサーサイト



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。